伊藤清永「手鏡」 絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

洋画家

伊藤清永 手鏡
画像を拡大

作品名:手鏡

作家名:伊藤清永

価格:売約済み

技法 /
油彩
号数 /
10
作品状態 /
良好
備考 /
サイン、共シールあり
作品について

美術評論家から発光する裸婦と称えられた輝くような裸婦像を描く伊藤清永。
その独特の美しい色合いと豊かなフォルムにより、女性の美が余すことなく表現されています。

略歴

1911年 兵庫県に生まれる。
1928年 本郷研究所にて岡田三郎助に師事。
1931年 槐樹杜展で「祐天寺風景」が入選。
1933年 第14回帝展に「朝の路次」うを出品し初入選。
1934年 第15回帝展に「秋光」を出品。
1935年 東京美術学校油絵科卒業。
1936年 文展に「磯人」を出品し特選受賞。
1947年 第3回日展で「I夫人像」が特選受賞。
1948年 第4回日展で「室内」が特選受賞。
1953年 伊藤絵画研究所を創建する。
1976年 第8回改組日展に「曙光」を出品し内閣総理大臣賞受賞。
1977年 「曙光」で日本芸術院恩賜賞受賞。日展理事となる。
1984年 釋尊伝四部作大壁画を制作。
1991年 文化功労者に顕彰される。日展顧問となる。
1996年 文化勲章受章。
2001年 死去。享年90歳。

pagetop