吉田博「光る海(瀬戸内海集より)」 絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

版画家

吉田博 光る海(瀬戸内海集より)
画像を拡大

作品名:光る海(瀬戸内海集より)

作家名:吉田博

購入価格:売約済み

技法 /
木版画
サイズ /
(縦) 40 cm (横) 27cm
制作年 /
1926年
備考 /
購入価格はシート本体のみ 額装代は別途
作品について
略歴

1876年 久留米市生まれ
1888年、福岡県立修猷館入学
1891年、修猷館図画教師の洋画家・吉田嘉三郎に画才を見込まれ吉田家の養子となる
1893年、修猷館卒業。洋画家・田村宗立に師事
1894年、三水彩を描き始める。後、上京して小山正太郎主催の不同舎に入門。その後、明治美術会の会員になる
1898年 明治美術会10周年記念展
1899年 中川八郎と共に渡米。デトロイト美術館で「日本画家水彩画展」開催。
1900年 ボストン美術館で2人展を開催。その後渡欧、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアなど巡歴。米国へ戻り、ボストンで「日本画家水彩画展」開催
1902年 満谷国四郎、石川寅治、中川八郎らと太平洋画会(現・太平洋美術会)を結成。同年、第1回太平洋画会展開催、13点を出品
1903年 第2回太平洋画会展。後に、太平洋画会は黒田清輝らが創設した白馬会とともに、明治時代の画壇を二分する団体として発展していく
1903年 2度目の渡米で、ボストンを拠点に展覧会を開催
1904年 セントルイス万博銅賞碑。その後、ニューヨーク、フィラデルフィア、ワシントンDCなどで展覧会開催し、欧州諸国及びモロッコ、エジプトを巡歴
1906年 帰国。
1907年 東京府勧業博覧会 2等賞。第1回文部省美術展覧会(文展)3等賞、文部省買い上げ
1908年 第2回文展2等賞(最高賞)
1909年 第3回文展2等賞(最高賞)
1910年 第4回文展の審査員(~1913年)
1919年 帝国美術院創立後も、その展覧会である帝国美術院展覧会(帝展)に作品を発表し続けており、
1924年 帝展委員や審査員
1920年 渡辺木版画舗から木版画出版を開始
1921年 『牧場の午後』及び『帆船』のシリーズ出版。
1923年 関東大震災により木版画と版木を全て焼失し、三度目の渡米。この時、渡辺木版画舗により制作した木版画7種を持参していくと好評を得ており、これ以降、温和な画風の木版画の作品が多くなっていった。特大判のもので、数十度摺りとなったものもあった。数多くの富士山を描いた作品を見ると、葛飾北斎から刺激を受けていたと考えられる。ボストンを拠点に、フィラデルフィア、デトロイトなどで展覧会を開催。
1925年 欧州歴訪の後に帰国。新宿区に吉田版画スタジオ創設。木版画『アメリカ・シリーズ』、『ヨーロッパ・シリーズ』出版。
1927年 日本およびハンガリー現代版画展
1936年 日本山岳画協会を結成
1937年、第1回文部省美術展覧会(新文展)に出品、李王家買上げ。戦時中は従軍画家として中国へ。
1945年 マッカーサー夫人、アトリエを訪問。米軍のバンカースクラブ(将校クラブ)での版画講習会や、アトリエ見学会が毎月開かれる
1947年 太平洋画会会長に就任。第3回日本美術展覧会(日展)の審査員。
1950年 逝去

pagetop