向井潤吉「杏花村 長野県 倉科」 東京・銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

洋画家

向井潤吉 杏花村 長野県 倉科
画像を拡大

作品名:杏花村 長野県 倉科

作家名:向井潤吉

価格:お問い合わせください

技法 /
油彩
サイズ /
(縦) 45.5 cm (横) 53cm
号数 /
10
作品状態 /
良好
備考 /
画面右下にサイン
共シールあり
作品について

下から上へと向かう筆運びで描かれた杏の木が、画面中にうねるような勢いを与えおり、向井潤吉の作品にしては珍しく、とても強い作品です。
当時は向井をはじめ、たくさんの絵描きが長野県の千曲市の森に集まっていましたが、やがて観光地となり、向井は近くにある倉科に移動し、この絵を描いたそうです。

略歴

1901年 京都市に生まれる。
1916年 関西美術院に学ぶ。
1927年 渡欧。パリのグラン・ショーミエールに学ぶ。
1928年 サロン・ドートンヌに出品。
1930年 帰国。第17回二科会展に滞欧作を特別出品し樗牛賞を受ける。
1933年 世田谷区弦巻にアトリエを構える。
1937年 陸軍報道班員として、戦争記録画の制作に従事する。
1945年 行動美術協会を創立。ライフワークとなる民家シリーズの制作が始まる。
1974年 画業60年記念、向井潤吉環流展を開催。
1993年 向井潤吉アトリエ館開館。
1995年 死去。アトリエ館において「お別れの会」を行う。

pagetop

買取査定サイトへ