堀文子「三つ葉と赤蕪」 絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

日本画家

堀文子 三つ葉と赤蕪
画像を拡大

作品名:三つ葉と赤蕪

作家名:堀文子

価格:売約済み

技法 /
紙本 ・軸装
サイズ /
(縦) 20 cm (横) 28.2cm
作品状態 /
良好
備考 /
落款、共箱あり
作品について

自然の中に存在する命をモチーフとする作品が多く「花の画家」とも呼ばれる堀文子。蕪の赤と葉の緑の対比が、生き生きとした生命力を感じさせる。

略歴

1918年 東京に生まれる。
1940年 女子美術専門学校卒業。新美術人協会会員となる。
1945年 「キンダーブック」「ふたば」など児童向け出版物に多くの作品を描き、装幀や随筆も手がける。
1949年 創画会結成に参画、同年多摩美術大学教授。
1952年 「山と池」が第二回上村松園賞受賞。
1962年 イタリアのアレッツォ郊外にアトリエをもつ。
1999年 創画会を退会。多摩美術大学を退職。みどりのまち・かながわ県民会議理事を務める。著書に「みち」「日々去来」「堀文子画文集三部

pagetop

買取査定サイトへ