山口長男「対」 絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

洋画家

山口長男 対
画像を拡大

作品名:

作家名:山口長男

価格:お問い合わせください

技法 /
板に油彩
サイズ /
(縦) 22 cm (横) 36.3cm
備考 /
共シール、鑑定証あり
作品について

黒系の地に赤茶色系の大きな色面を配したものを主要なモチーフとして描く山口長男らしい作品。画面全体に描かれた力強いマチエールと、リズミカルに配置された黒い点が目を惹きます。

略歴

1902年 朝韓半島の独占支配をめぐって日露が激しく対立していた時期の京城(現在のソウル)に生まれた。父は朝鮮に渡って一代で大地主となった人物で、長男は尋常小学校、中学校を京城で終え、1921年、19歳で日本に来るまでを京城ですごした。
1922年 東京美術学校西洋画科入学。長原孝太郎、小林万吾、和田英作らに師事
1927年 同校卒業と共に渡仏。フランスではパブロ・ピカソ、ジョルジュ・ブラック、佐伯祐三に刺激を受ける。また、彫刻家のオシップ・ザッキンのアトリエにも出入りし、立体的な造形をも習得に努めた。
戦後、二科展の再結成にあたり会員として参加
1946年 京城を引き上げて上京。
1953年 日本アブストラクト・アート・クラブの創立に参加し
1954年 会員としてニューヨークでのアメリカ抽象美術展に出品。武蔵野美術大学教授となる。
1955年 第3回サンパウロ・ビエンナーレの日本代表として出品
1956年 第28回ヴェネツィア・ビエンナーレの日本代表として出品
他、グッゲンハイム賞美術展、チューリッヒ市立美術館の「現代日本の絵画展」などへも作品出品する。
1961年、芸術選奨文部大臣賞受賞。
1982年 武蔵野美術学園学園長に就任。
1983年 逝去

pagetop