智内兄助「晩秋」 絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

日本画家

智内兄助 晩秋
画像を拡大

作品名:晩秋

作家名:智内兄助

価格:売約済み

技法 /
紙本
号数 /
SM
作品状態 /
良好
備考 /
印、共シールあり
作品について

和紙にアクリル絵具で描く独特な描法で、日本画と洋画との境界を越えた革新的な絵画表現を創り上げた智内兄助。艶やかな着物の少女を神秘的な空間で表現しています。

略歴

1948年 愛媛県に生まれる
1971年 「シェル美術賞展」佳作賞
「日仏現代美術展」フィガロ1席、2席、特別賞
1974年 東京芸術大学大学院修了
1978年~81年 日仏現代美術展「ビブリオテック・デ・ザール賞」2席
1985年 「デッサン大賞展」大賞
1986年 「リキテックス・ビエンナーレ」リキテックス賞
1987年 「安井賞展」特別賞
1988年 「日本青年画家展」優秀賞
1990年 「安井賞展」佳作賞
1992年 「両洋の眼─現代の絵画展」眼推奨
1995年 小田急美術館、刈谷市美術館、高島屋大阪店、札幌五番館西武赤れんがホール、
    千葉そごう美術館、河口湖美術館巡回(~’96)
    中京大学アートギャラリー/愛知県(~’96)

大学院修了後画家として活動を開始し数々の展覧会・コンクールで受賞を重ねる。国内外で個展を開催するなどし長女をモデルにした耽美な着物姿の童女シリーズで評価を高める。挿絵、ゲームのメインビジュアルなどでも活動する。 暗く妖しい幻想的な画風を特徴としており日本画と間違われることもあるが、主に和紙にアクリル絵の具でハッチング技法で描いており油彩画も描く。

pagetop

買取査定サイトへ