水木しげる「妖怪道五十三次 京都」 絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

現代人気作家

水木しげる 妖怪道五十三次 京都
画像を拡大

作品名:妖怪道五十三次 京都

作家名:水木しげる

価格:売約済み

技法 /
木版画
サイズ /
(縦) 27.4 cm (横) 33.2cm
制作年 /
2003年
作品状態 /
良好
備考 /
作者:水木しげる
制作:アダチ版画研究所
発行:株式会社やのまん
限定 初摺 二〇〇部の内 第 P.P 番
作品について

妖怪道五十三次は、水木しげるが2年の歳月をかけ、浮世絵師・歌川広重の「東海道五十三次」を舞台に江戸・日本橋から京都・三条大橋をつなぐ五十三の宿場の旅に300余の妖怪を活躍させた五十五枚の大連作です。その原画をもとに彫師が山桜の版木に彫り、摺師が越前手漉き和紙に摺った限定木版画です。

略歴

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。
太平洋戦争時、激戦地であるラバウルに出征し爆撃を受け左腕を失う
復員後紙芝居画家となり、その後貸本漫画家に転向
1965年 「別冊少年マガジン」に発表した「テレビくん」で第6回講談社児童まんが賞を受賞。
代表作に「ゲゲゲの鬼太郎」「河童の三平」「悪魔くん」など
1991年 紫綬褒章
2003年 旭日小綬章、鳥取県境港市に水木しげる記念館開館。
2007年「のんのんばあとオレ」でフランス・アングレーム国際漫画フェスティバル最優秀コミック賞
2009年「総員玉砕せよ!」で遺産賞
2010年 文化功労者
2013年「水木しげる漫画大全集」(講談社)刊行開始
2015年 逝去

pagetop

買取査定サイトへ