田村耕一「ほたるぶくろ 筒花入」 絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

彫刻・陶芸家

田村耕一 ほたるぶくろ 筒花入
画像を拡大

作品名:ほたるぶくろ 筒花入

作家名:田村耕一

価格:売約済み

技法 /
陶器
サイズ /
(縦) 9 cm (横) 9cm (高さ) 19cm
作品状態 /
良好
備考 /
刻印、共箱あり
作品について

鉄絵の技法を基本にして独自の作風をきずき、海外のコンクールでも高い評価を受け人間国宝として人気を博した田村耕一。代表的な絵柄であるほたるぶくろが繊細かつ伸びやかに描かれています。

略歴

1918年 佐野市に生れる
1941年 東京美術学校工芸科図案部を卒業
1946年 京都の松風研究所に輸出陶器のデザイナーとして入所する 研究所顧問の富本憲吉に師事
1948年 郷里の佐野に帰り、赤見窯の創業に参画し、同年栃木県芸術祭に出品して、芸術祭賞を受賞 審査員の浜田庄司に認められる
1949年 倒焔式の薪窯を築き、浜田庄司の推薦で栃木県窯業指導所の技官となる
1953年 指導所を辞めて、自宅に四袋の登り窯を築き本格的な作家活動に入る
1956年 第5回現代日本陶芸展覧会にて朝日新聞社賞、
1957年 日本陶磁協会賞
1961年 富本賞受賞など数々の公募展での受賞
1967年 東京芸術大学助教授に就任
1970年 栃木県文化勲章
1977年 東京芸術大学助教授に就任
1979年 紺綬褒章を受賞
1983年 紫綬褒章受賞
1986年 重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、東京芸術大学名誉教授に 佐野市名誉市民に推挙される
1987年 逝去される

 昭和40年代後半から、それまで扱ってきた鉄釉に加えて、辰砂釉や青磁釉を扱う割合が増えていったが、絵付け主体の構成が大きく変わるものではなく、一貫して鉄絵の変化を取り入れた絵付けが中心であり、その優れた技術手法は、高い評価を受けている

pagetop

買取査定サイトへ