籔内佐斗司「昇龍童子」 東京・銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

彫刻・陶芸家

籔内佐斗司 昇龍童子
画像を拡大

作品名:昇龍童子

作家名:籔内佐斗司

価格:売約済み

技法 /
ブロンズ
サイズ /
(縦) 14.5 cm (横) 21cm (高さ) 20.5cm
ED /
88
制作年 /
2004年
作品状態 /
良好
備考 /
作家自刻署名・エディション・墨書桐箱付き
作品について

五穀豊穣(稲穂)を言霊にのせて童子が願えば、きっと神龍が願いを叶えてくれます

略歴

1953年 大阪市に生まれる
1978年 東京芸術大学美術学部彫刻科卒業
1980年 同大学院美術研究科修了
1882年 1987年まで同大学院美術研究科保存修復技術研究室講師
1988年 ニューヨークで個展を開催
1993年 石川県加賀市に籔内佐斗司美術館開館
1997年 第17回現代日本彫刻展 宇部興産株式会社賞
1999年 パリの三越エトワールで個展開催
2000年 「新世紀に向けて 籔内佐斗司の世界展」開催
2003年 第6回倉吉・緑の彫刻賞
2003年 第21回平櫛田中賞
2004年 東京芸術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻保存修復彫刻研究室教授
2008年 「平城遷都1300年祭」(平城遷都1300年記念事業協会)の公式マスコットキャラクター図案制作(愛称を公募し、「せんとくん」に決定した)
2018年 福島県磐梯町・慧日寺の本尊丈六薬師如来坐像の復元事業を完成させる。

pagetop

買取査定サイトへ