キース・ヘリング、没後30年であることご存知ですか?(1) 絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。 

キース・ヘリング、没後30年であることご存知ですか?(1)

キース・ヘリング、没後30年であることご存知ですか?

多くの皆さんは、「キース・へリングって、シンプルな線で描かれた、あの四つん這いの赤ちゃんの絵とかでしょう?もう没後30年ですか。」とおっしゃると思います。

まさにそうなのですが、キースという人物を知ると、またひと味違ってくると思います。

1958年にペンシルヴァニアで生まれ、15歳でマリファナをはじめ、高校卒業後は転々とし、78年にニューヨークのスクール・オブ・ビジュアルアーツに入学。同時にゲイとしての生活をオープンにし、80年代には、ニューヨークの地下鉄の黒い広告板に、チョークで、ベイビー、動物、ハートなどを描き続け、駅員や警官に20回以上逮捕されたようです。「地下鉄は人種、階級、性別、職業に関係なく、もっとも多くの人が行き来する場。ここに描けばみんなが見てくれる。」

POP SHOP I . PL1
POP SHOP I . PL1

86年にはベルリンの壁に壁画を制作し、83年と88年には日本にも来て、路上にチョークでドローイングしています。
誰でも、タダで見られるところに、描き続けたんですね。「アートは大衆のもの」。

GROWING, PL4
GROWING, PL4

88年には、アンディー・ウォーホルに支えられて、自らがデザインしたグッズを販売する、ポップショップをオープンしています。

そして1990年にはエイズで亡くなるのですが、亡くなる二日前にも、ベイビーを描き続けたそうです。このベイビーは、ラディアント・ベイビーと呼ばれているのですが、ラディアントRADIANTとは、「光を放つ」とか、「輝く」という意味で、宇宙から受けたエネルギーの光を発する赤ん坊だそうです。

この赤ん坊を描きながら、キースは31歳で亡くなるわけですが、1980年代にわずか10年間とはいえ、強く光りを放ち続けたキース・へリングをはじめ、
近年、バンクシー、バスキア、カウズなどのストリートアート系アーティストが高く評価されてきています。

特に、没後30年になるキース・へリングについては、中村・キースへリング美術館でも展覧会が開催されますし、
彼の作品は、ニューヨーク近代美術館をはじめとする世界中の主要な美術館に収蔵されています。

キース・へリングの作品をあなたも、一度、ご覧になってみませんか。

弊社でもキース・へリングの作品を取り扱っております。
キース・へリングの作品はこちらからご覧になれます。

キース・へリング作品一覧

キース・ヘリング、没後30年であることご存知ですか?(2)

美術ヨモヤマ話 バックナンバー

pagetop

買取査定サイトへ