前田青邨作品一覧。絵画販売・絵画買取 銀座のおいだ美術です。現代アート・日本画・洋画・版画・彫刻など美術品の豊富な販売・買取実績ございます。

前田青邨

Maeda Seison

 作品一覧

前田青邨の作品を高価買取いたします。
東京・銀座で20余年にわたる信用と実績。
買取査定フォームにて簡単に査定の申し込みができます。

美術品の売却はこちら
略歴

1885年 岐阜県に生まれる。本名は廉造。
1898年 上京し、叔父の営む東京本郷根津の「東濃館」に居住。
1901年 尾崎紅葉のすすめで梶田半古の画塾に入門。
1902年 日本絵画協会共進会で「金子家忠」が3等褒状。半古から「青邨」の号をもらう。
1906年 巽画会に参加する。
1907年 紅児会に参加する。
1908年 国画玉成会展で「囚はれたる重衡」が3等賞首席。
1910年 紅児会に「市」を出品。
1911年 第5回文展に「法華経」「竹取」を出品し褒状を受ける。
1914年 再興日本美術院展に「湯治場」「竹取物語」を出品し、同人に推挙される。
1918年 日本美術院評議員に推挙される。
1922年 小林古径と渡欧し、ローマ、フィレンツェ、パリに滞在。
1950年 東京芸術大学の教授となる。
1955年 文化勲章受章。
1967年 法隆寺金堂壁画再現の総監修に安田靫彦と就任。
1972年 高松塚古墳壁画模写の総監督に委嘱される。
1977年 死去。享年92歳。

pagetop