日本画家

安田靫彦 白梅
画像を拡大

作品名:白梅

作家名:安田靫彦

購入価格:お問い合わせください

技法 /
紙本
サイズ /
(縦) 131.5 cm (横) 31.3cm
備考 /
識箱あり
作品について

歴史画の大家として知られる安田靫彦。白梅の見事な枝ぶりを勢いのある気持ちの良い筆致で描いています。

略歴

1884年 東京・日本橋生まれ
1898年 小堀鞆音に師事。 磯田長秋らと紫紅会を結成
1899年 第7回日本絵画協会共進会で二等褒状
1907年 岡倉天心らの国画玉成会創立に参加。第1回文展で「豊公」が三等賞受賞
1912年 第6回文展で「夢殿」が二等賞受賞
1914年 日本美術院再興に同人として参加、第1回展に「御産の祷」を出品
1928年 岡倉天心没後の再興日本美術院で経営者同人となる
1934年 帝室技芸員
1935年 帝国芸術院会員
1944年 東京美術学校教授
1948年 文化勲章を受章
1958年 日本美術院初代理事長
1959年 宮中歌会始の召人
1965年 東京芸術大学名誉教授東京国立博物館評議員会評議員、文化財審議会専門委員、国立近代美術館設立準備員も歴任。
1978年 逝去

門下に小倉遊亀、森田曠平、益井三重子、岩橋英遠ら。

pagetop